谷川流ファンが分析する「涼宮ハルヒ」とそれ以外の作品たち

谷川流という作家を知っていますか? 『涼宮ハルヒの憂鬱』で一躍有名になったライトノベル作家です。この作品はライトノベルの中でも特にメディアミックスされて多くの人を虜にしました。では「ハルヒ」以外の作品は? というと……? 谷川流ファンの私がその魅力を分析・考察したいと思います。

*

谷川流の最凶作『絶望系 閉じられた世界』

      2015/10/22

谷川流の最凶作『絶望系 閉じられた世界』について。

どれもひねくれてはいるが面白い(はずの)谷川流作品だが、これだけは自信を持って面白くないといえる。

登場人物のほぼ全てがひねくれているという言葉では優しすぎるくらい狂っている。
こちらは電撃文庫版。
『絶望系 閉じられた世界』『絶望系 閉じられた世界』
こちらは後に『絶望系』に改題され復刊した新潮文庫nex版
『絶望系』新潮文庫nex版

『絶望系』

 

 

では『絶望系 閉じられた世界』のあらすじ。

 

主人公・杵築(きずき)の友人・建御(たけみ)の家に突然やってきた天使と悪魔と死神と幽霊。

何をしたいのか分からない傍若無人な闖入者たちは全くもって中身のない会話ばかり。

耐えかねた友人は主人公に助けを求めるが、主人公には何をすることもできない。

 

『絶望系 閉じられた世界』

 

何のために彼らは現れたのか。

彼らは一体何をしたいのか。

 

ただ一つ分かることは、理不尽で不条理な事に巻き込まれた、ということだけ。

狂気に満ちた3日間の幕開け。

 

『絶望系 閉じられた世界』

 

なんだかとても短いあらすじになってしまった。でも実際書けることはこれぐらいしかない。

始まりから終わりまで何もかもが狂っている。

主人公を含めて。

 

『絶望系 閉じられた世界』

 

というよりも、『絶望系 閉じられた世界』に登場する人間で最も狂っているのは主人公かもしれない。

唯一の良心は主人公の友人。

彼だけはまともだ。

 

『絶望系 閉じられた世界』

 

おしゃべりな天使は死神と共に主人公の友人を一番に困らせる。

彼女たちはとにかく残酷で理不尽なことばかり言い放つ。

 

『絶望系 閉じられた世界』

 

でも、それも一つの真実なのかもしれない。

現実は明るく楽しいことばかりではない。

残酷で、理不尽で、不条理なことばかり。

人間が目を逸らしたくなる様なことを平然と言ってのけるのである。

 

『絶望系 閉じられた世界』

 

そしてなにより、エロい。

死神は見た目は幼い女の子なのだが、彼女は主人公の友人に性行為を要求する。

至って常識的な主人公の友人は断固として拒絶する。

死神は彼を誘惑するべく、人間の性に関して天使と共に熱い議論を交わす。

 

『絶望系 閉じられた世界』

 

そんなことがある一方で、主人公は幼馴染の妹(小学生)と交際しており、

二人が性行為に耽っていると思しき描写もされる。

成人が未成年者に性的な行為をすることは法律で禁止されているが、

未成年者同士の性行為を取り締まることは法律ではできない。

もちろん、常識を以てその行為を非難することはできる。

しかし、どれだけ常識を説いてもやめるかやめないかは本人たちの意思次第。

 

『絶望系 閉じられた世界』

 

不条理に満ちた、理不尽で、残酷な世界。

それでもそれが私たちのいる世界、『絶望系 閉じられた世界』なのだ。

 - 未分類