谷川流ファンが分析する「涼宮ハルヒ」とそれ以外の作品たち

谷川流という作家を知っていますか? 『涼宮ハルヒの憂鬱』で一躍有名になったライトノベル作家です。この作品はライトノベルの中でも特にメディアミックスされて多くの人を虜にしました。では「ハルヒ」以外の作品は? というと……? 谷川流ファンの私がその魅力を分析・考察したいと思います。

*

『涼宮ハルヒの分裂』~AとBに分裂する物語

      2015/10/22

ハルヒブームの真っただ中に『涼宮ハルヒの分裂』は発売され、

それから4年の沈黙を待って『涼宮ハルヒの驚愕』が発売された。

 

『涼宮ハルヒの分裂』

『涼宮ハルヒの驚愕』

『涼宮ハルヒの驚愕 後』

 

『涼宮ハルヒの分裂』の物語はある地点から二つの並行世界が同時進行する。

早くも結論から言うと、悲劇を回避するためにハルヒが無自覚に力を行使した結果。

このままではいけない、でも助けるすべがない。

その結果並行世界を生み出した。

涼宮ハルヒが仲間を守るために、無自覚とはいえ、初めて力を使った瞬間である。

 

涼宮ハルヒは自由に世界を創り変えることができる、いわば神のごとき力を持つ。

 

『涼宮ハルヒの分裂』

 

『学校を出よう!』ではハルヒに該当する『上位世界』なる謎の存在がいる。

『学校を出よう!』5,6巻(今のところ最終巻)はこの上位存在によって物語が改変、修正されていくのだ。

初めて目次を見た時の、第○章・A、第○章・B、第○章・C~、は衝撃的だった。

 

『学校を出よう!』目次

 

今回『涼宮ハルヒの分裂』のあらすじの紹介はなし、要点を絞って説明する。

 

とある奇怪な事件が発生し、その究明、解決が物語の大筋。

その裏で、上位世界の干渉に気付きつつある人物が自説を披露する。

 

読者としてはその解説を聞きながら並行して、改変される物語を読むことになる。

その解説を分かりやすくまとめよう。

 

『涼宮ハルヒの分裂』

 

例えば、小説の結末が気に食わなければ、変えてしまえばいい。

自分の手で、自分の望む結末にしてしまえ。

厳密に言うと著作権に抵触するが、個人で勝手に楽しむ分には問題ないだろう。

漫画やアニメの同人誌なんかもそう。

歴とした違反だが。

 

とかく、その小説に対して作者のみならず我々も『上位世界』即ち、神に等しい存在である。

その世界を自由に創り変えることができる。

 

『涼宮ハルヒの分裂』口絵

 

それと同じように、我々に対する『上位世界』があり、この世界を創り変える神がいるのではないか、と。

実際、彼らは小説の一登場人物なのであるから、これはメタ発言もいいところだ。

 

ちなみに今更ではあるが、『涼宮ハルヒの分裂』『涼宮ハルヒの驚愕』と、

『学校を出よう!』の5,6巻を比較するのは間違いである。

ただ物語がA・Bと記号で分かれている、という点でこじつけてみた。

 

『学校を出よう!』の5,6巻は世界のやり直し、リセット理論の物語。

 

『学校を出よう!』6巻

 

『涼宮ハルヒの分裂』『涼宮ハルヒの驚愕』は、

世界が二つに分かれた後に融合することで事件を解決する、という未だかつてない物語。

 

『涼宮ハルヒの驚愕』

 

……と、これを書いていて思い出した。

涼宮ハルヒシリーズのイラストレーター・いとうのいぢ氏。

彼女が手掛けたアダルトゲーム『Flyable Candy Heart』。

実はこの作品、二つの並行世界が一つに融合する、という内容なのだ。

しかもよりによって『涼宮ハルヒの驚愕』以前に発売されている。

まぁ、『分裂』と『驚愕』の間に4年のブランクがあったし、分裂の時点で結末はできているので、ハルヒのほうが先ですがね。

 

とかく、『学校を出よう!』の読者が『涼宮ハルヒの分裂』を読んだときに、

『学校を出よう!』5,6巻を思い出したであろうことは間違いない。

 

この物語もまたユニークな内容なので、谷川流ファンならずとも、ぜひとも読んでいただきたい。

 - 未分類